スポンサーサイト

2019.04.14 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    赤蝉

    2018.10.02 Tuesday

    0

      台風の過ぎた後は、秋晴れの良い天気であった。今日は、父の月命日であったので大好きであった柿と豆大福を自分の部屋のクローゼットの棚に水と一緒にお供えして<お父さん、見守ってくれて有難う>と、

      手を合わすだけだが心が和むのが自分でも分かる。親不孝な私で御免なさい!今の自分だと親孝行が出来るのにと思うが無念で仕方無い。下で声がするので、お義父さんが帰ってきたのであるが帰る早々にお義母さんを怒ってるので様子をみるとトイレの電気が点いてるというだけである?自分は、何をしてきたのかと思うが言えない自分に腹がたつだけである。彼女とご飯を食べて!お茶お飲んで楽しかったでしょう?私達も、家でお好み焼きをして家族で楽しくしてましたよと心で笑うのであった。お義父さん、教えて下さい!私達と居るのはそんなに嫌ですか?そんなにあの人が魅力ですか?悲しいです

       

      スポンサーサイト

      2019.04.14 Sunday

      0
        関連する記事
        コメント
        コメントする