スポンサーサイト

2019.04.14 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    赤蝉

    2018.04.05 Thursday

    0

      お風呂から壁に手を添えて、ゆっくりと上がってきたのでお茶を入れて置いてたのを飲みほしたと思ったら布団に倒れるように崩れ落ちた?家から出て来て、今までに体力を使ってしまったみたいである。

      無理をして家を出て来たと思うと自分を責めたが口に出せなかった。私の思いやりが仇になっているのがよく分かる!私は、優しくしても冷たくしても駄目なのである。しばらく横になっていると目を開けて、私を捕らえたと思うと手を伸ばしてきたのが精一杯であった。<タクシーを呼びますか>と、聞くと<もう少し、居ても良いかな?二時間の予約をしているので居たいんだ>と、背中を丸くして横になったまま

      目を閉じると動かなくなったが慣れているのでそっとしていた。私が、帰ると知ると這ってでも来るかも

      しれないので黙っているが不安な気がしている。しばらくして、部屋の電話を取ってタクシーをお願いしても良いかなと言ってきた!電話をしたら直ぐに来るので身支度を整えて部屋を出るが綺麗な部屋と思ったが側で見ると色あせて剥げてるのが分かる。先に文夫が出て、人がが居ないのを確かめて手招きをしてくれたので後は知らぬ顔で歩き出すと別れた。

      スポンサーサイト

      2019.04.14 Sunday

      0
        関連する記事
        コメント
        コメントする